「人生」という名の物語の主人公を誰にも譲るな

「35歳からではダンサーなんて難しいですよね?」
先日の質問は自分の考え方を大きく変化させた。

35歳からではダンサーなんて難しいですよね?
って聞かれた。
すると40過ぎたとなりの人が言った。
アニメーションダンスなら、体力勝負でもないし、
ガチャガチャ動かなくてもいい。50歳でも現役で活躍できる。
繊細な動きに磨きをかけ、職人として、成長していける。
スタイリッシュな質の高いスタイルで勝負できる。
むしろバトルしなくていい。
戦わなくても魅せる事ができればいい。
30歳過ぎてからでも夢は見ていいでしょ!

結末は自分で決める。
そうやって人生を変えた人を何度も見てきた。
この文を読んで勇気を出した30歳を過ぎた生徒がいまでは、、
—————————————–
人には役割があると思う。
それは年齢においてもそう。
けれど誰もがそこに気付けるわけじゃない。

自分も周りの先輩やメンバーからその個性を見出され、活かされてきた。
その個性を今度は自分自身で発掘し活かし、そのメンバーと共に作品も創ってきた。

世の中に無い作品を創る為に始めたアカデミーもようやく8年目を迎えた。

誰も考えないだろうと思う事は、とにかくいろいろ試した。

・レッスンは1回5時間教えた。
・1日に10時間のレッスンもやってみた。
・8年前は誰もやっていなかった深夜5時間レッスンも始めた。
・レッスンのことば全てを1年間メモを取らせた。
・それが元となってメモの5年分を教科書にまとめた。
・細かい評価基準を決め評価シートを作って採点もするようにした。
・1年でプロにさせる為にとにかく現場に出した。へったくそでも現場に出した。
・経験こそが人を変える事も分かった。
・忙しさにかまけて愛情を注がなければ、水をやらなければ花も枯れる事がわかった。
・サボテンのようにたまに水をやるだけでも成長する人間も稀にいる事も分かった。
・練習量だけでは成長しない事も分かった。
・自分がそうだったように怪我をしても夢を諦める必要がない事もわかった。
・30歳過ぎてからでも夢は追いかけられる事もわかった。
・たとえ会社員だろうが本気なら結果も出せる事もわかった
・その人にあったものに時間を割くこと、個人特性を知る必要があることも分かった。
・相対性理論を活かしてとにかく楽しい時間をつくって練習すれば、練習なんて苦じゃないこともわかった。
・成熟した市場から学ぶことで、ダンスの市場はまだまだやれることがたくさんあることを知った。
・人は本当に飽きやすい生き物で、だからこそ飽きないように工夫することの大事さも分かった。

そして海外に出ると、日本人は日本人として生きることで、世界一になれることもわかった。

ダンスってやっぱ楽しいなって。わかった。

人生においての挑戦は今から。
30歳からでも40歳からでもはじめることはできる。

週1回3時間のレッスンで、会社に勤めながらでもプロダンサーの夢を叶える!
世界の頂点を極めたスキルを学ぶ!月額9,432円〜

誰でも出来る事を誰もマネできない位やれる人間は必ず成功する 黄帝心仙人

【2代目黄帝心仙人養成プロジェクト始動】

今期、黄帝心仙人が直々に教える最終章という事で、1年コースのみのプレミアムクラスを人数を限定して少数募集!

Total 0 Votes
0

もし良かったらあなたの御意見をお聞かせ下さい。

+ = Verify Human or Spambot ?

X