わが子が「お友達」関係で悩まない本 Forest2545新書 (Japanese Edition) | でんぱインフォ

わが子が「お友達」関係で悩まない本 Forest2545新書 (Japanese Edition)

わが子が「お友達」関係で悩まない本 Forest2545新書 (Japanese Edition) 51g8iURgRVL

■わが子の人間関係を応援するために、親ができること
小学校入学!
親からすれば、
「あんな小さかった子が、いよいよ小学生か……」

と感慨にふけるとともに、
わが子の成長に対するうれしさと期待感で
いっぱいになるものです。

一方で、
「どんな小学校生活を送るんだろう?」
「授業にちゃんとついていけるかしら?」
「担任の先生はどんな人?」といったものに加え、
ある1つの大きな不安が生じるのではないでしょうか?

それは、【わが子のお友達関係】です。

小学校入学は、子どもたちにとって、
幼稚園・保育園に比べて、
人間関係の幅が広がることを意味します。
それは、社会に出ていく第一歩でもあります。

わが子の人間関係は、
親であれば誰もが心配になるものです。

そんなお子さんたちの人間関係について、
38年に及ぶ小学校教員歴から見いだした
「お友達に好かれる子ども」の特徴を基に、
【親としてわが子の人間関係を応援する方法】
お伝えします。

■ 著者は、
38年にわたり、直接担任した子どものみならず、
生徒指導面や特別活動でかかわった
子どもも合わせれば、
1500人以上に及ぶ元・小学校教師。

教員退職後も、
「風路教育研究所」として、
小学生のお子さんを持つ親御さんの子育て支援を中心に、
積極的に活動を続けており、
「親の駆け込み寺」カリスマ主宰者としても知られています。

・親として意識しておいたほうがいいこと
・昔のいじめ、今のいじめ
・いじめのサインを見抜くポイント
・本音を引き出す、子どもの話の「聞き方」
・いじめを跳ね返すための力の養い方
・学校に相談するときのコツ
・先生に動いてもらうときのポイント

教室の現場にいたからこそお伝えできる、
親が「わが子のお友達関係」を応援するノウハウが満載です。

■本書の内容は以下のとおりです。

第1章 みんなが「お友達になりたい」と思うのはどんな子?
・最初に、親として「意識」したほうがいいこと
・教師が使っている、クラスの人間関係を把握するツール――ソシオマトリックス
・子どもは、相手の真の姿を見抜いている
・低い学年ほど、打算では動かない
・わが子のお友達になってほしい子の条件を決める
 他

第2章 「お友達に好かれる子」の育て方
・人間関係づくりの根幹は、子ども時代につくられる
・家庭訪問、三者面談の重要性
・わが子の視野を広げるための秘策
・違いを受け入れる器に育てる
・子どもを問い質すときの魔法のフレーズ
 他

第3章 こんなとき、どうすればいいの?
・子どもが学校で見せる顔と家で見せる顔が違う
・「学校に行きたくない」と言ったら
・「ハズレ」の先生に当たった
・先生に動いてもらうためには、どうすればいい?
 他

第4章 学校の先生と上手につき合うために
・先生の日常を知っておくと、付き合い方が変わる
・勤務時間中はずっと教室、切れ目なし
・先生に相談できる時間帯
・事細かに準備されている教育計画
 他

Related Post

Total 0 Votes
0

もし良かったらあなたの御意見をお聞かせ下さい。

+ = Verify Human or Spambot ?

X