反応率が1.5倍になるたった2文字の言葉とは?

反応率が1.5倍になるたった2文字の言葉とは? 49c4d80f8a23902c050fdd4975314aed 01
この子が仲の良い友人を殺した!誰にでも起こりうる危険
2015年9月17日
反応率が1.5倍になるたった2文字の言葉とは? c5a5b627dc4e65796b24f98777eb3608 01
役所はあえて教えないけど 申請すれば「もらえるお金」「戻ってくるお金」税金を取り戻すチャンスはこんなに眠っている(一覧表付き)
2015年9月30日
反応率が1.5倍になるたった2文字の言葉とは? 20150811hoq1

20150811hoq1  反応率が1.5倍になるたった2文字の言葉とは? 20150811hoq1

文章の中で「理由」のパワーを使うと、
反応率を上げることができます。

ハーバード大学の社会心理学者
エレン・ランガーは、
実験を通じてある事を証明しました。

それは、
”人間は何かをするのに理由を欲しがる”
という事です。

何かをお願いする際に、理由をつけると
それだけで受け入れてもらえる確率は
飛躍的に上がるというのです。

例えば、コピー機を使っている人に
自分に先に使わせて欲しいとお願いをする場合、

「コピー機を使わせてもらってもいい?」
→60%が先に使わせてくれた

「急いでいるからコピー機を使わせてもらってもいい?」
→94%の人が使わせてくれた

という実験結果があります。

「急いでいるから~」という理由をつけただけで
34%も成功率がアップしているんですね。

もっと面白いのは、
「コピーを取りたいから、
コピー機を使わせてもらってもいい?」
とお願いした場合です。

これは、冷静になってみると
理由になっていませんよね。

しかしこの場合も、
何と93%の人が先に使わせてくれたのです。

このように、「~ので」という言葉には
大きなパワーがあります。

ですので、商品やサービスを販売したいときは、
”なぜあなたの提案通りにすべきなのか?”
というその理由を必ず伝えるようにしましょう。

例えば、

「今すぐ注文してください。
この価格は今月限定ですので。」

「あなたの問題を解決する答えがわかるので、
今すぐクリックしてください。」

などですね。

積極的に理由のパワーを活用し、
より高い反応を得られるコピーを作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。