妊娠線を予防する方法

妊娠中にお腹に線ができる原因

多くの女性は妊娠して、お腹が大きくなってきたときに、お腹に筋がでてきます。これは一般的に妊娠線と呼ばれるものです。

原因は、急激な体重増加と、肌の弾力性が失われるためです。

これは、妊娠する前に、ケアすることで、防ぐことができます。

妊娠線を予防する方法 1

妊娠線を予防する方法

大切なのは、お腹の肌の保湿で、毎日こまめに保湿をすることで、防ぐことができます。

専用クリームなどもありますが、金額よりもこまめに保湿することが大切です。

妊娠線ができるのは、お腹だけでなく、バストやヒップにもできるので、そうした場所も保湿を忘れず心がけましょう。

 

 

コメントを残す

この記事が気に入ったら「いいね」しよう

この記事が気に入ったら「いいね」をしてください