Browsing Category

未分類

今すぐ家の表札をチェックして下さい!悪質犯罪者にマーキングで狙われているかもしれない!

「マーキング」を知っていますか?「マーキング」とは、訪問販売業者または空き巣などが部屋に来た際、表札やポスト、インターホン、ガスメーター、ドアなどに印を付けていくことです(勝手に書くなよ!って思いますよね)。 <span "text-decoration:="" underline;="" color:="" #c0c0c0;"="">出典:ka-n-na.com <span "text-decoration:="" underline;=""…
Read More...

「最強」とはなにか。日本人で初めてムエタイ王者になったキックの鉄人に聞いてみた 

タイではいまでも国賓級の扱い  「練習は毎日十時間はやっていたね。ジムワーク後に血尿が出たことなんて、一度や二度じゃあなかったよ。休みも一切なかった。だから、試合の日が待ち遠しかったよ。だって、試合の日だけは練習しなくていいじゃない。午前中に計量をパスしたら、メシを食って試合まで寝てられる。こんなに嬉しいことない。毎日試合でもいいなって思ってたよ(笑)」 「最強」──読んで字の如く「最も強い」という意味である。そして、それに該当する人物を指す。…
Read More...

紫外線の強い海外での対策は?目はサングラスで守る?

4月に入って日照時間も長くなると同時に日差しの強さが気になる季節になってきました。 海外は日本に比べて、紫外線が強いとよく言われています。 実際のところ海外では、 大気汚染が少ないために太陽光線が直接届く 夏時間を適用するために日照時間が長い 文化的に紫外線対策をするというよりは短い夏の間に日焼けをしたい ということで日本のようにあまり派手にUV対策をしないので日焼けしてしまいやすいことなど色々な理由があると思います。…
Read More...

社会 「体罰は野蛮だ」なんて大ウソ! 大学教授が訴える「ほめると子どもはダメになる」

「子どもを厳しくしつけるよりも、いいところを伸ばすように褒めて育てたほうがいい」――こんな風に信じて子育てをしている人も多いことだろう。子育てに限らず、若手社員に対しても「ほめて伸ばす」式の育成方法が奏功すると考えている人もいるのではないか。 こうした考え方の背景には、かつてのスパルタ式の教育や体罰への反発があることは想像に難くない。そして、「欧米では、体罰や押し付けのような教育は採用しておらず、もっと自由に個人を尊重している」と思っている人もいることだろう。…
Read More...

あなたを蝕む「スマホ焼け」「スマホ老眼」…そして対策法

今や生活になくてはならない、という人も多いスマートフォン。しかし、使いすぎるとさまざまな体調不良を招く。不眠や肩こりなどの症状以外にも思わぬ“弊害”が…スマホの使い方、あなたは大丈夫? 《スマホ利用時間、1日3時間以上の人が約5割》 MMD研究所が、スマホを所有する15歳以上60歳未満の男女2750人に対して行った「2015年版…
Read More...

家庭用電気マッサージ器“要注意” 強く圧迫され、骨折や脊髄損傷も…

 家庭用電気マッサージ器を使用中に、体を強く圧迫され、骨折や脊髄を損傷したケースが国民生活センターに寄せられている。同センターは「さらに増える傾向がある」と注意を呼びかけている。特に骨がもろくなっている骨粗鬆(こつそしょう)症の高齢者や、皮膚炎を患っている人の使用は、事故につながる可能性があるため注意が必要だ。(平沢裕子)  ◆けが相談7割女性  …
Read More...

インフルエンザの薬 リレンザの副作用について質問です。

インフルエンザの薬 リレンザの副作用について質問です。 8歳の娘がインフルエンザになりリレンザを処方されて熱は1日で下がったのですが、 平熱になってからも服用を続けたら睡眠中にとても大きないびきをするようになりました。 まるで無呼吸症のように途中で一瞬息が止まったり、空気をゴクンと何度も飲み込んだりします。 朝起きると空気を飲み込んだせいかお腹が苦しいと言いました。 リレンザの副作用にこんな症状はありますか? 5日間服用しなくてはいけないので心配です。…
Read More...

世界経済を動かす ユダヤの商法 藤田田

PARTⅠ これがユダヤ商法だ 1 78:22の宇宙の法則 2 金持ちから儲けさせてもらう 3 生活の中に数字を持ちこめ 4 世界の支配者、その名は「ユダヤ商品」 5 「きれいな金」「きたない金」はない 6 現金主義に徹すること 7 利息目当ての銀行預金は損だ 8 貸金庫は安全ではない 9 女を狙え 10 口を狙え 11 判断の基礎は外国語だ 12 暗算を徳井とすべし 13 必ずメモを取れ 14 雑学を積むべし 15 …
Read More...

失明し、塞ぎ込む妻のために夫が一人で造りあげた色鮮やかな庭園に日本中が感動

宮崎県児湯郡新富町には、小さな観光スポットとして毎年春になると新聞やテレビで紹介される一軒の個人宅、黒木邸。 4月になれば、この家の庭一面に咲き誇るシバザクラを目当てに、県内外から多くの見物客が訪れます。 庭の維持管理はこの家の主人、黒木敏幸さん(86)が今でも1人で行なっています。 そして訪れた人々に、にこやかに対応してくれるのは笑顔が素敵な妻の靖子さん(76)。…
Read More...
X