注射の際、子供を絶対に泣かせない神業テクニック

子供に注射をすると、100%泣きますよね。 それは痛いからでしょうか? 注射は確かに痛いですが、でも、我慢しようと思えば我慢できる、泣くほどの痛みでもないでしょう。 注射で子供が泣くのは、注射を打たれるという恐怖心からだといことがわかる動画です。

好きなデザインで動画をまとめることができる無料ツール

動画をかっこよく まとめることができるようになります。 使い方は簡単。 twitterアカウントでログインし、 好きなyoutubeの動画をまとめていくだけです。 このツールの特徴は まとめページのデザインを 選べる点にあります。 作成したまとめのヘッダ部分から デザインの変更が可能です。 16種類のデザインが用意されているので、 自分のまとめに合った雰囲気の デザインを選ぶことができます。 まとめた動画は自分で楽しむもよし、 友人と共有するもよし。…

役所はあえて教えないけど 申請すれば「もらえるお金」「戻ってくるお金」税金を取り戻すチャンスはこんなに眠っている(一覧表付き)

確定申告だマイナンバーだと「お上」が宣伝したいことはしつこく広報されるが、役所に行って申請するだけで受けられる補助・助成の数々はあまり知らされていない。知れば得する制度を総ざらい! 税金が「戻ってくる」制度 「税金」と言えば、「払うもの」。そう思うのが、ごく自然な反応だろう。 だが、世の中には税金が「戻ってくる」場面も実は、多々ある。 「とくに、いま、制度が目まぐるしく変わっているもののひとつが、『空き家』の取り扱いです」…

反応率が1.5倍になるたった2文字の言葉とは?

文章の中で「理由」のパワーを使うと、 反応率を上げることができます。 ハーバード大学の社会心理学者 エレン・ランガーは、 実験を通じてある事を証明しました。 それは、 ”人間は何かをするのに理由を欲しがる” という事です。 何かをお願いする際に、理由をつけると それだけで受け入れてもらえる確率は 飛躍的に上がるというのです。 例えば、コピー機を使っている人に 自分に先に使わせて欲しいとお願いをする場合、 「コピー機を使わせてもらってもいい?」…

目玉磨き、目玉削りで目を掃除して幸せが訪れる?

中国の奇妙な風習 中国には、目玉を掃除する習慣があります。 なんでも目をきれいにすることで、幸せが訪れるということで、中国の散髪屋さんなどで、髭を剃り終えた後に、目を掃除したり、目を磨いたりします。 写真を見る限り、なにか、拷問を受けているようにしか見えません。 たとえ幸せになるのだとしても、私はあまり目玉磨きをされたくないです。

コンビ二弁当も、アイスクリームも確実にあなたの寿命を縮めて、細胞の機能を狂わせる

コンビ二弁当も、アイスクリームも確実にあなたの寿命を縮めて、細胞の機能を狂わせる 現在、日本には15,000種類以上の薬が流通し、薬の消費量はもちろんのこと、薬局の数も世界ダントツ1位で、OECDの国際調査によれば、日本人一人あたりの年間外来受診回数は約13回で、他の国と比べて1.5倍〜3倍も多いそうです。…

ピンク映画に外人をむやみやたらに誘わない方がいい理由

あなたは「青い」と言われれば何をイメージしますか? 若くて経験不足、半人前や、 気分が晴れない「ブルー」といった 比較的ネガティブなイメージの方が強いと思います。 では国や言語が違うとその色に対するイメージが違ってくるのでしょうか? 日本人が「青い」に対してもつイメージは 経験不足、若いなどですが 海外だと経験不足、若いを色のイメージに例えると、 緑色になるそうです。 確かに緑色の方が未熟なイメージが伝わってきます。 (果物がまだ熟れてない感じみたいな)…

お笑い芸人のスマイリーキクチさんがネット誹謗中傷への対策動画を公開 10年間誹謗中傷を受け続けた経験をもとに

ネット掲示板で「殺人事件の犯人だ」という書き込みをされ、10年間にわたり誹謗(ひぼう)中傷を受け続けたお笑い芸人のスマイリーキクチさんが、自身の経験をもとに制作したネットの誹謗中傷への対策動画をYouTubeで公開しています。動画は「リベンジポルノの対処法」「ストーカー被害の対処法」「警察に行く際の手順と注意点」など、テーマ別に10本。 [youtube https://www.youtube.com/watch?v=WwfsrGRRgLg?rel=0] 1…

妊娠線を予防する方法

妊娠中にお腹に線ができる原因 多くの女性は妊娠して、お腹が大きくなってきたときに、お腹に筋がでてきます。これは一般的に妊娠線と呼ばれるものです。 原因は、急激な体重増加と、肌の弾力性が失われるためです。 これは、妊娠する前に、ケアすることで、防ぐことができます。 妊娠線を予防する方法 大切なのは、お腹の肌の保湿で、毎日こまめに保湿をすることで、防ぐことができます。 専用クリームなどもありますが、金額よりもこまめに保湿することが大切です。…

この記事が気に入ったら「いいね」しよう

この記事が気に入ったら「いいね」をしてください