※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【テスコム】ハンドミキサーTHM273とTHM1300の違いは2つ

この記事は約3分で読めます。

ハンドミキサーといえばテスコムと言われるほどまでになったテスコムが、ABC Cooking Studioと共同開発したハンドミキサーの決定版が、THM273であり、THM1300です。

この両者の違いについて、解説します。

THM273とTHM1300の違いは2つ

THM273とTHM1300の違いは2つ、1つはデザインで、もう一つが価格です。

まずデザインに関してですが、形状は同じですが色のみが違います。

THM273は本体、ケースともにホワイトカラーで、THM1300は本体がシルバーカラーで、ケースがブラックです。

両者の写真を並べると次の通り。

次に価格の違いですが、両方ともオープンプライスで、定価はありませんが、2024年2月現在、THM273は店頭価格2,980円、THM1300が3,480円と、THM273の方が約500円ほど、安く売られている場合が多いです。

最新価格は下記のリンク先でご確認下さい

THM273とTHM1300の口コミについて

それぞれの口コミですが、THM273の口コミは、価格.comに4件、ものログに1件ありました。

HM1300の口コミは、価格.comに6件、楽天市場に1件ありました。

口コミの評価は、どちらも高く、満足度はTHM273が4.17、THM1300が4.37でした。

両方とも、カラーリングが違うだけで、性能は同じなので、両者の口コミをまとめてメリットとデメリットを見てみます。

メリット

  • ABC Cooking Studioと共同開発した新ビーターで、泡立て効率が高い
  • ビーターの中心に棒がなくワイヤー形状で洗いやすい
  • ステンレス素材で食洗機にも対応
  • 調理中に立てて置ける自立式
  • 5段階のスピード切替
  • ビーターが収納できるケース付きで、コンパクトに保管できる
  • 高級感があるデザイン

デメリット

  • 音がうるさい
  • 本体が大きい
  • コード収納部分が使いにくい

THM273とTHM1300の共通点

最後に、それぞれ共通した特徴をまとめます。THM273とTHM1300は、以下のような特徴を持っています。

  • ビーター形状を見直し、泡立て効率がUP
  • ビーターの中心に棒がなくワイヤー形状で洗いやすい
  • 素材もステンレスで食洗機にも対応
  • 立てて置ける自立式
  • 5段階のスピード切替
  • ビーター取り外しもワンタッチ
  • 本体寸法:高さ / 175mm 幅 / 190mm 奥行き / 85mm(収納時)
  • 本体質量:830g(収納時:ビーター・ケース含む)
  • 消費電力:80W
  • 付属品:ビーター2本、収納ケース、コードクリップ
  • 定格時間:10分

以上が、【テスコム】ハンドミキサーTHM273とTHM1300の違いでした。

error: Alert: Content selection is disabled!!